2018年春季リーグ戦 第3戦vs関東学院大学

於:関東学院大学金沢文庫キャンパス
本塾 関東学院大学
前半 8 15
後半 15 17
合計 23 32

2018年度春季リーグ第3戦、相手は関東学院大学。先週の開幕2連勝の勢いそのままに勝ちたい相手だった。
しかし、試合はいきなり関東学院大学のペースになってしまった。試合開始から関東学院大学に4連続得点を許し、本塾はようやく1点を返す。しかし、その後も相手の流れは続き、後半18分で2-11と、9点差まで開いてしまう。
ここで、GKをスタートの4年GK齋藤から4年GK升澤に変更し、流れを引き戻す。本塾は5連続得点で7-11と4点差まで縮め、前半を8-13の5点差で折り返す。
良い流れのまま後半に入れるかと思われたが、関東学院大学のダブルポストを上手く利用した攻撃を受け、後半8分までに11-21と10点差まで引き離されてしまった。試合はそのまま両者得点を取り合い、23-32で敗戦となった。
ダブルポストへの対応とノーマークシュートの課題が浮き彫りになったゲーム内容だった。

〈スターティングメンバー〉
GK齋藤、安下、鬼原、大村、佐藤、横溝、畠山

〈途中出場者〉
GK升澤、熊谷、西村、田中(稜)、石田、塚本(清)

〈得点者〉
熊谷 4 、安下 1 、西村 2 、鬼原 3 、大村 3 、横溝 1 、田中(稜) 2 、塚本(清) 5 、畠山 2