2019年春季リーグ戦 第2戦vs明星大学

於:駿河台大学飯能キャンパス
本塾 明星大学
前半 12 13
後半 12 10
合計 24 23

春季リーグ第二戦。
相手は昨季8位ながらも、毎年苦戦を強いられる明星大学。
試合は前半、初戦に続いて上々の立ち上がりを見せ、開始10分を6-2と本塾がリードする形で迎えた。しかしこの試合は上手く1-5DFがかみ合わず、相手のフローターのカットインシュートを中心にじりじりと差を詰められた。そして前半終了間際に逆転を許し、12-13で前半を終えた。
後半、一気に逆転して再びリードを作りたい本塾だったが、4年 山下の二回連続の退場から相手に攻め立てられ、試合残り12分で16-22と、相手に大量リードを許してしまった。ここから本塾はDFを相手のエースにマンツーマンにつく形に変更し、ベンチ内外一体となって気迫の追い上げを見せた。さらに4年 GK清水(大)のキーピングも光り、6連続得点をあげ、後半22分で22-22と同点に追いついた。その後は両チーム1点ずつ取り合い、試合ラスト30秒の本塾セットオフェンスでタイムアウトを取った。そして終了間際に本試合退場が目立った4年 山下が値千金のサイドスカイプレーを決め、24-23で試合終了。
展開がかなり厳しい中、開幕二連勝という形で春季リーグ第一週を終えた。

<スターティングメンバー>
佐藤、横溝、山下、田中(稜)、牧野、塚本(清)、GK立見

<途中出場者>
GK清水(大)、GK三木、石田、小椋、村井

<得点者>
佐藤 2、横溝 6、山下 2、田中(稜)2、塚本(清)12