2019年春季リーグ戦 第3戦vs関東学院大学

於:関東学院大学金沢文庫キャンパス
本塾 関東学院大学
前半 7 12
後半 14 10
合計 21 22

春季リーグ第3戦。相手は宿敵、関東学院大学。
試合は前半、相手のセットオフェンスを守ってからの速攻という流れを作れずに、開始10分で1-6とリードを許してしまった。取り返したい本塾であったが、セットオフェンスではミスが続き、なかなか点を返すことができなかった。さらにDFでは1-5DFのトップを担う4年 佐藤が二度退場を受け、5人の苦しい展開が続く。ここでDF形態を第2戦同様、マンツーマンに変更し、何とか終盤踏みとどまり、7-12で前半を終えた。
そして迎えた後半。マンツーマンDFが機能し、交代で入った3年 GK三木のビッグセーブに何度も救われながらも相手を完全に封じ込んだ。そして速攻では両サイドの4年 佐藤、4年 山下にボールを集め、要所では3年 塚本(清)がゴールを決め後半22分で同点に追いついた。しかしラスト12秒、相手に得点を許し21-22。第2戦はここからの大逆転に成功したものの、この試合ではあと一本が出ずにこのまま一点差で試合終了。
インカレ出場を目標に掲げる本塾にとって、第3戦で痛い1敗を喫することとなった。

<スターティングメンバー>
佐藤、横溝、GK清水(大)、山下、田中(稜)、牧野、塚本(清)

<途中出場者>
GK三木、小椋、村井、芳川

<得点者>
佐藤 4、横溝 1、山下 5、田中(稜)2、塚本(清)8、小椋 1