慶應義塾体育会ハンドボール部在部のメンバーより入部体験記をお送りいたします!!


 

2020年度
慶應義塾ニューヨーク学院高等部
ハンドボール未経験
常久 俊

入部したきっかけ
小中高で野球サッカーバスケと色々な球技をしていました。大学に入ってからも何かスポーツに打ち込みたいと思っていたのでハンドボール部の見学に行きました。全員が真面目に練習に打ち込みながらも楽しそうにハンドボールをする姿見て、自分も今までの球技経験を生かし、このコミュニティでハンドボールを初めてみたいと思い入部しました。

大学ハンドボール部の練習について
全員が向上心をもち、強度の高い練習に日々打ち込んでいます。経験者、未経験者関係なしに全員に平等な練習機会とチャンスが与えられています。自分は初心者として入部し、難しい事やわからない事は未だに沢山あります。しかし、日々新しい事を吸収し、レベルアップできる環境は非常に刺激的で楽しく、またやりがいを感じることができます。

ひとこと
ハンドボール部は縦横全員が仲の良い部活です。全力で取り組んでチームが試合に勝った時は、チームが1つになり興奮や喜びを分かち合うことができ、かけがえのない経験ができると思います。


2020年度2年
慶應義塾高等学校
ハンドボール経験入部
秋野 啓一郎

入部した理由
厳しい環境で勝負したい
ハンドボールがしたい
という二つの思いから、入部しました。

練習について
やる気のある人が集まっているため、引き締まった雰囲気です。先輩との距離も近く、積極的にアドバイスしてくれます。また、幹部、学生コーチが全員のプレーを把握し、調子の良い選手を練習試合で積極的に試すなど、起用体制も整っています。このように、一生懸命打ち込める環境が整っているため、モチベーションが薄れることはありません。

ひとこと
是非一緒に戦いましょう!