2018年春季リーグ戦 第9戦vs大東文化大学

於:立教大学新座キャンパス
本塾 大東文化大学
前半 13 13
後半 17 15
合計 30 28

2018年度春季リーグ第9戦、最終戦の相手は大東文化大学。
部員全員が必勝の思いを胸に、臨んだ試合だった。
前半10分間は拮抗した展開で試合がスタートし、10分すぎにDFから速攻で4連続得点を挙げ、8-4とした。
ここで大東文化大学はタイムアウトを取り、流れを変えた。
タイムアウト後は本塾の攻撃のテンポが悪くなり、じわじわと詰められ、26分に11-11の同点とされた。
前半はそのまま13-13の同点で折り返した。
後半に入り、シュートまでしっかり持っていこうと全員で意思を統一し、シュートの本数を増やした。後半8分には18-15と3点リードで突き放したが、またも攻撃が停滞し、14分に同点に追いつかれ、そのまま逆転を許した。そこで本塾4年熊谷を投入した。後半だけで5得点を挙げる活躍で攻撃をリードし、30-28で勝利を収めた。
今回の勝利で、青山学院大学に勝利していればリーグ2位だっただけに非常に悔しい思いが込み上げてくるが、この悔しさを秋季リーグで晴らしていきたい。

<スターティングメンバー>
GK升澤、鬼原、大村、佐藤、横溝、田中(稜)、畠山

<途中出場者>
GK齋藤、安下、阿津、西村、塚本(清)

<得点者>
熊谷 5 、鬼原 6 、西村 1 、大村 3 、横溝 3 、田中(稜) 6 、塚本(清) 3 、畠山 3