2018年秋季リーグ戦 第7戦vs順天堂大学

於:駿河台大学飯能キャンパス
本塾 順天堂大学
前半 10 17
後半 12 21
合計 22 38

秋季リーグ第7戦。
昨シーズン1部より降格してきた強豪順天堂大学との大一番。
試合は立ち上がりから大きく明暗が分かれた。4年 熊谷の得点で先制するも、相手の早いパス回しを止めることが出来ず、2度の3連続得点を許し、前半8分で2-6とリードされた。
相手のエースにマンマークを付けるなど対策を講じるも、こちらのオフェンスミスも重なり、相手の猛攻を抑えきれず、前半で10-17と大差をつけられてしまった。
切り替えて反撃に出たい後半だったが、失点のペースを抑えられない時間が続き、さらに相手の高いディフェンスに対応しきれずミスも相次ぎ、22-38と16点差をつけられ試合終了。
4年熊谷の8得点や、4年GK升澤のファインセーブなど、4年が最後のリーグの大一番で気迫を見せるも、未だ今季無敗の順天堂大学に格の違いを見せつけられてしまう結果となった。
2敗を喫した本塾が入れ替え戦出場の権利を得るには、第8戦、第9戦に勝利することが絶対条件。この敗戦をエネルギーに変え、次戦の第8戦桐蔭横浜大学との対決に繋げたい。
本日の試合で、秋季リーグが7試合経過し、5勝2敗となった。

<スターティングメンバー>
GK升澤、熊谷、安下、大村、石井、横溝、塚本(清)

<途中出場者>
GK齋藤、山本、阿津、鬼原、清水(俊)、下郷、佐藤、山下、田中(稜)

<得点者>
熊谷 8、安下 1、清水(俊)1、大村 2、石井 3、佐藤 1、横溝 2、山下 1、田中(稜)1、塚本(清)2