2018年秋季リーグ戦 第8戦vs桐蔭横浜大学

於:関東学院大学金沢文庫キャンパス
本塾 桐蔭横浜大学
前半 13 10
後半 17 21
合計 30 31

秋季リーグ第8戦。
負けたら一部入れ替え戦出場の可能性がなくなるという背水の陣。相手は春季ラスト15秒で劇的な勝ち越し勝利を果たした、宿敵桐蔭横浜大学。
試合は前半、相手の5-1DFに苦しめられ、OFミスが続き、開始15分で4-8とリードを許す。しかし、その後は本塾のDFが上手く対応し、さらに4年GK升澤のスーパーセーブの連発で相手に得点を許さず、本塾が6連続得点をあげる。4年清水(俊)のペナルティスローも会場を沸かせ、13-10と逆転をして流れを掴み前半を終えた。
後半は開始から点の取り合いが続くが、後半8分、4年石井の退場を契機に桐蔭横浜大学に6連続得点をあげられ、19-21と一気に逆転を許した。簡単に引き下がれない本塾はタイムアウトを取り、心を1つに反撃を開始した。ラスト10分で再度逆転に成功し、そこからは両者一歩も譲らないシーソーゲームが続く。しかし、試合の最終局面でシュート決定率に差が出てしまい、あと一本が出ず、30-31で試合終了。総力戦となったこの試合、春季のリベンジを果たされ、1部入れ替え戦出場の権利を失う大きな惜敗となった。
本日の試合で、秋季リーグが8試合経過し、5勝3敗となった。

<スターティングメンバー>
GK升澤、熊谷、安下、大村、石井、横溝、塚本(清)

<途中出場者>
GK齋藤、清水(俊)、下郷、佐藤

<得点者>
熊谷 4、安下 7、清水(俊)5、大村 6、石井 4、下郷 1、横溝 2、塚本(清)1