2019年春季リーグ戦 第6戦vs上武大学

於:関東学院大学金沢文庫キャンパス
本塾 上武大学
前半 21 8
後半 14 12
合計 35 20

春季リーグ第6戦。相手は東京大学と同じく昨季3部から昇格してきた上武大学。先週の敗戦から、オフェンスの強化を課題に試合に臨んだ。
試合は前半、DFから速攻で本塾の4連続得点からスタートする。その後も相手に何本かロングシュートは許すものの、本塾の速攻がうまく繋がり、危なげない展開で、スターティングメンバーが21-8とリードを作って前半を終えた。
メンバーを変え臨んだ後半。うまくDFが機能せず、相手に開始直後3連続得点を許してしまった。しかしその後立て直し、速攻の精度は前半と変わらず高く、リードを保ったまま試合終盤まで攻防が続いた。その中で、4年 天野、4年 田中(駿)をはじめとした、6人の選手に今季初得点が生まれ、ベンチメンバー全員出場全員得点で35-20で試合終了。
先週の反省を活かし、全員で勝利を掴んだ。

<スターティングメンバー>
佐藤、横溝、山下、田中(稜)、GK三木、牧野、塚本(清)

<途中出場者>
天野、田中(駿)、石井、石田、小椋、GK立見、村井、芳川

<得点者>
佐藤 3、横溝 6、山下 2、天野 1、田中(駿)1、田中(稜)3、石井 1、石田 2、牧野 2、塚本(清)7、小椋 4、村井 1、芳川 2