2019年春季リーグ戦 第7戦vs順天堂大学

於:関東学院大学 金沢文庫キャンパス
本塾 順天堂大学
前半 14 17
後半 12 14
合計 26 31

春季リーグ第7戦。相手は昨季首位の順天堂大学。
試合は前半、スタートから相手チームエースにマンツーマンを仕掛ける本塾のDFだったが、残り5人の広いスペースを守ることが出来ず、得点を許してしまった。しかし3-3DFの順天堂に対して、本塾のセットオフェンスも機能し、3年 塚本(清)の強いフィジカルの1vs1を中心に得点を重ねた。途中ミスから逆速攻でやや差を広げられるものの、なんとか食らいつき、14-17で前半を終えた。
そして迎えた後半。ポストも絡めたセットオフェンスが決まり、順調に得点を重ねる本塾に対して、角度の狭いサイドシュートもしっかり決めてくる順天堂大学。後半10分に一時同点に追いつくものの、こちらの退場からリードを広げられ、26-31で試合終了。
昨季首位相手になんとか食らいつくも、局面で力の差を感じた敗戦となった。

<スターティングメンバー>
佐藤、横溝、山下、田中(稜)、GK三木、牧野、塚本(清)

<途中出場者>
GK清水(大)、小椋、GK立見、芳川

<得点者>
佐藤 2、横溝 6、田中(稜)4、牧野 4、塚本(清)8、小椋 1、芳川 1