2017年度関東学生ハンドボール秋季リーグ戦女子2部A 第2戦 茨城大学戦

於:国際武道大学体育館
本塾 茨城大学
前半 4 13
後半 1 10
合計 5 23

秋季リーグ第2戦となる相手は茨城大学。前戦の反省を生かし、接戦に持ち込みたいところである。
前半開始。本塾の粘り強いDFの中、先制点を許してしまうものの、4分半に南(政1)がロングシュートを決め、チームを盛り上げる。しかし、相手の厚いDFに本塾は攻めあぐね、連続して失点が続く。17分、大室(法4)のポストパスで秋元(経2)が公式戦で初得点し、チームを湧かせる。流れを引き寄せた本塾は、攻守共にリズムをつかみ、失点を防ぐ。そして南が自身3点目を獲得すると、4-13で前半を終えた。
修正点を話し合い、迎えた後半。メリハリのあるDFを意識しながら連携を取り、善野(経4)がロングシュートやサイドシュートを立て続けにセーブ。しかしながら、攻撃の流れをつかめず、選手を代えるものの本塾はなかなか得点できない。終盤に交代した牧野(理1)に好セーブが見られたが、中盤に重ねた、攻撃のミスによる逆速攻での失点を取り返すことが出来ず、点差が大きく開いたまま、5-23で終了した。
前戦よりもDFの精度は良くなっているものの、得点力不足が試合を苦しめた。残り5戦の中で、良い攻撃の流れを作れるよう、部員全員で励んでいく。

[文責:昆野]