主将を務めております、吉田美音です。
この度、慶應義塾體育會ハンドボール部に興味をもっていただきありがとうございます。
私たちは現在、関東学生ハンドボール2部Aリーグに所属しています。今年は「挑越」というスローガンのもと、「2部Aリーグ3位以上」を年間目標として、チーム一丸となって活動しています。スローガンの「挑越」は、個人でもチームでも苦手なことや新たなことに積極的に挑戦していき、今までの自分そしてチームを越えていこうという意味があります。

ハンドボール部には、自分の努力次第で全員が活躍できる環境があります。経験者は下級生の時から技術でチームを引っ張ってくれる存在になりますし、部員のほとんどが未経験者なので初心者もみんな同じスタートラインで始めることができます。そして、投げる・走る・跳ぶ・当たるといった様々な要素が詰まったスポーツなので、自分の強みや良さを必ずどこかで活かすことができます。コート内に限らず、コート外でも自分の強みを活かすことのできる機会があります。学年問わず広報活動などの部の運営にかかわったり、他大学の分析を行ったり、他にもチームのためにやりたいことがあれば新たな役割を作ることもできます。

私たちが部活をする上で大切にしていることは、1年生でも4年生でも、プレイヤーでもマネージャーでも、レギュラーでもベンチでも、チーム全員が同じ方向を向いて活動することです。その上で、なぜ自分がこの部活に入ったか、4年間でどのように成長したいかを明確にし、チーム全体に共有することが重要であると考えています。各自が部活に取り組む意味を共有することで、互いにその意味を尊重しながら、チームで目標を達成させるために、自分には何ができるのか役割を見つけるきっかけになると考えます。

これから大学生活が始まるみなさん、また今の大学生活に満足していないみなさん、大学生という貴重な4年間をあなたは何に捧げますか?
私はハンドボール部に所属してから、1点差でリーグ優勝や降格が決まる瞬間を何度も目の当たりにしてきました。ほんの少しの差のように感じますが、その1点が大きい差です。だからこそ、その1点を取るために、その1勝をするために、部員全員が本気になって、悩んで、もがきます。スポーツにこんなに一生懸命になれるのは大学生が最後ではないでしょうか。苦しいこともありますが、部員とともに時間を共有し、目標を成し遂げた時の達成感は何にも変えられません。
充実した大学生活をハンドボール部で過ごしませんか?ともに2部Aリーグ3位以上を目指しませんか?
皆さんの入部を楽しみにしています!

慶應義塾體育會ハンドボール部女子
主将 吉田美音