主将を務めております、西村香苗です。
この度、慶應義塾體育會ハンドボール部に興味をもっていただきありがとうございます。
私たちは現在、関東学生ハンドボール2部Aリーグに所属しています。今年は「2部Aリーグ上位」を年間目標として、チーム一丸となって練習に励んでおります。

ハンドボール部には、自分の努力次第で全員が活躍できる環境があります。経験者は下級生の時から技術でチームを引っ張ってくれる存在になりますし、部員のほとんどが未経験者なので初心者もみんな同じスタートラインで始めることができます。そして、投げる・走る・跳ぶといった様々な要素が詰まったスポーツなので、自分の強みや良さを必ずどこかで活かすことができます。

さて、私たちが部活をする上で大切にしていることを1つお伝えしたいと思います。それは、ハンドボールを通して自分がどう成長するか、何を得たいのか、ということです。體育會という苦しい環境で、何度も壁にぶつかることがあります。だからこそ、自分が部活に取り組む意味を各自が明確にすることが必要だと考えています。それを明確にできているか否かは、自分が踏ん張らなければいけない時に壁を乗り越えられるか否かに関わってくると考えます。そして、もちろん苦しい時には支えてくれる仲間が周りにたくさんいます。

これから大学生活が始まるみなさん、また今の大学生活に満足していないみなさん、大学生という貴重な4年間をあなたは何に捧げますか?
私はハンドボール部に所属してからこの4年間、1点差でリーグ優勝や降格が決まる瞬間を何度も目の当たりにしてきました。1点で明暗が分かれる、まさに勝負の世界です。だからこそ、その1点を取るために、その1勝をするために、部員全員が本気になって、悩んで、もがきます。スポーツにこんなに一生懸命になれるのは大学生が最後ではないでしょうか。
苦しいことも多いですが、その先にある達成感は何にも変えられません。充実した大学生活をハンドボール部で過ごしませんか?
皆さんの入部を楽しみにしています。

慶應義塾體育會ハンドボール部女子
主将 西村香苗