慶應義塾体育会ハンドボール部在部のメンバーより入部体験記をお送りいたします!!


2017年度3年
総合政策学部(湘南藤沢キャンパス)
東京都私立鷗友学園女子高等学校
ハンドボール未経験入部
甲斐 小百合

入部したきっかけ

 中高6年間はソフトボールをやっていて、ハンドボールは大学から始めました。
大学ではサークルではなく、体育会に入ってスポーツに真剣に取り組みたいと思っていました。見学に行った際、チームとして全員が高い共通意識を持って練習に取り組みつつも、アットホームな雰囲気があり、学年関係なくとても楽しそうであったことに惹かれました。また、監督を始めとするスタッフそしてOB・OGの方々の手厚いサポートやハンドボール専用の体育館などの恵まれた環境があることにも魅力を感じ、入部を決意致しました。

大学ハンドボール部の練習について

  初めてのスポーツでルールなど分からないことが多く、戸惑うことがたくさんありましたが、先輩方のみならずOB・OGの方々からも様々な技術や心得を指導していただき、日々楽しんでプレーしています。
また、今年から専属のトレーナーの方が配属されたため、選手一人一人の体力面の強化、食生活や怪我のリハビリについての指導も受けることができ、サポートも一層手厚くなりました。
勉強と両立できるか不安かもしれませんが、授業優先であるため、心配ありません。活動日時も早めにわかるので、自分の勉強の予定もたてやすく、両立することができます。

ひとこと

  初心者でもできる体育会は限られています。大学は、高校以上に自由に自分がやりたいことを実践、学べる場所です。そのような場所で「スポーツ」を部活として、体育会として選んで励むことは、それだけの経験を得ることができることだと思っています。私自身も日々の練習の中で技術を磨き、とてもやりがいを感じています。ぜひ一緒にシュートを打ち得点を決める喜びを分かち合いましょう。


2017年度2年
商学部(日吉キャンパス)
東京都私立豊島岡女子学園高等学校
ハンドボール未経験入部
西村 香苗

入部したきっかけ

 大学生になって、何か打ち込めることを見つけたいと思っていました。そして、母がハンドボールをしていたこともあり、選択肢の1つとしてハンドボール部の体験に行きました。体験に行ったときに部活の雰囲気に惹かれたのが入部を決めた1番の理由です。部活中は真剣そのものですが、部活外では先輩後輩仲が良い印象でした。また、私自身ハンドボール未経験であり、大学から新たなスポーツを始めるのには不安がありましたが、この部活は初心者も多く、ここで頑張りたいと感じました。そして、充実した設備など練習環境が整っていることも魅力に感じました。
他の体育会やサークルとも迷いましたが、ハンドボール部に入って良かったと心から思っています。

大学ハンドボール部の活動

 初心者でわからないことばかりなので、先輩方やOBOGの方々に教えて頂きながら、日々練習に取り組んでいます。初心者ながら試合に出場する機会もいただきました。
また、ハンドボール部は基本的に学業優先なので、テスト前にはオフ期間が設けられ、勉学と部活の両立はしっかりできます。先輩方からサポートしていただけるのも心強いです。

ひとこと

 体育会はもちろん大変です。しかし、その分得られることもたくさんあります。つらいことがあるからこそ、成果が出たときの喜びはより一層大きくなります。
また、社会人になってからスポーツに全力で打ち込むことは難しいと思います。学生生活でしかできないことの1つとして、本気でスポーツをするという選択肢も考えてみてください。ハンドボール部は経験者はもちろん、私のような初心者も多く、誰にでも挑戦しやすい環境です。実際に見てもらってこそ伝わる魅力もたくさんあるので、少しでも興味のある方はぜひ一度体験に来てみてください。