慶應義塾送球倶楽部発会式

G27-001
慶應義塾送球倶楽部は、日本陸連平沼亮三会長そして体育会日吉支部酒井 将主任の勧めにより、初代主将となる外山准二が中心となって、日本初の大学ハンドボール部として創立された。1937年9月10日に創立総会を開催し、翌1938年1月29日に発会式を挙行した。
当時の部員は、外山自身がラグビーを行っていたことでもわかるようにさまざまな球技の経験者の寄せ集めであった。初代部長は大学予科の松本良三教授が就任した。
本塾ハンドボール部の創立に続いて各大学においても創立されていった。そして、1938年には日本送球協会が創立された。

創部当時の部章

G27-003
創部当時使用された部章。ユニフォーム等に見ることができる。
ドイツ文字で KHC と記されている。

創部当時の部員

G27-004
創部当時の部員
前列右より 樋口、角、石田、外山、長妻
後列右より 宮本主務、林(大)、有元、西、松本部長、安藤、藤村、横山、江藤

東京オリンピック代表候補合宿

G27-002

1938年2月の日本送球(ハンドボール)協会の発足に伴い、1941年に開催が予定されていた東京オリンピックの代表候補選手の合宿が3月15日から3月19日まで日吉で行われた。
塾から外山、後藤、長妻、横山、樋口、安藤の6名が選出され参加した。
1941年の東京オリンピックは第2次世界大戦の影響でその後中止となり、ここにいる代表候補選手は幻の代表選手となった。

早慶帯同朝鮮遠征

G27-005
1940年(昭和15年)塾送球倶楽部は、早稲田大学と帯同して朝鮮遠征を行った。満州まで足を伸ばす計画もあったようであるが、当局の許可が下りなかったとのことである。早稲田との対抗戦の戦績は塾の2勝1敗であった。写真は、出発時の港における撮影と思われる。

1942年 関東春季リーグ戦優勝

G27-006
1942年(昭和17年)関東春季リーグ優勝時のメンバー
塾は1941年(昭和16年)春から1942年(昭和17年)春まで3連覇をとげ、さらに1943年(昭和18年)春にも優勝をした。時代を反映して、軍服姿も見られる。この後、塾の関東学生リーグにおける優勝は42年後の1985年(昭和60年)になる。

日独交歓国際試合

G27-007
1942年11月29日、神宮競技場において、来日中であったドイツ艦隊と対抗戦を行った。試合は8-7で日本が勝利した。
日本選抜チームが編成された最初の試合である。塾より、島田、有元、井上、安田の4名が選抜された。

田中先生と塾高ハンドボール部

塾高ハンドボール部は1949年(昭和24年)に創部された。そして、1950年(昭和25年)、塾高に田中 明先生が赴任してこられた。以来、1994年(平成6年)に退職されるまで、高校・大学を問わず我々ハンドボール部員は筆舌では表せないほどのご指導を頂いた。さらに退職されてからも、そのご指導は続いている。塾ハンドボール部を語るとき、居なくてはならない存在であり、我々にとってまさしく先生である。現在でも、現役の試合はほとんど観戦され、都度ご指導を頂いている。
G27-008
1950年秋駒沢での試合後の田中先生と塾高ハンドボール部員

第2期黄金期

昭和46年度、気迫に満ちた迫本淳一主将を中心に初のインターハイ出場を果たし、
昭和20年代に次ぐ慶應高校ハンドボール部の第2期黄金時代の幕開けとなる。
K01-002

K01-003
(後列左から)河村、勝地、大谷、森、松岡、松澤、三橋、瀬田、前田、小林、
(前列左から)川崎、福地、米内、田中先生、迫本主将、谷井、木村、

昭和48年度、第19回関東選手権大会(栃木)で初優勝

10連勝を誇る東京都勢、前年度インターハイ優勝の中大付属高を一蹴し、神奈川県に14年ぶり二度目の栄冠を持ち帰った。この年、神奈川県高体連より優秀選手として勝地主将以下15名が表彰された。
K01-004
(後列左から)茂木、保坂、清水、渡辺、草皆、西川、山内、迫本、辻、
(前列左から)井上、松沢、勝地主将、田中先生、矢島、岩瀬、
*野本(右上)は決勝戦での怪我で不在

関東大会(神奈川)3位、インターハイ(福岡)ベスト8

昭和49年度、素晴らしい仲間に恵まれた迫本 栄二主将を軸にチーム一丸となった団結力の強さで、前年に続き2年間県下の大会の優勝を独占。神奈川県60チームの代表の座を不動のものにした。
この年は関東大会(神奈川)3位、インターハイ(福岡県)ベスト8という輝かしい成績を収めた。
K01-005
(最後列左から)平峯、鈴木、保坂、野本、茂木、
(後列左から)上西、清水、山内、西川、辻、鎌倉、溝呂木、
(前列左から)上保、渡辺、田中先生、迫本主将、草皆、岩瀬

積み重なる歴史

1999年に創部50周年を迎え、この年11月にOBと現役が集合し、田中先生、小林先生を囲んで盛大なパーティーが開催された。
また、2008年には高校ハンドボール界では類を見ない第50回となる早慶定期戦が行われた。「ハンドボールを通じて心身を鍛え、
充実した高校生活を送り、良き友を得ることのできる手掛かりとなって欲しい」
(記念誌内 小林先生のお言葉より)
塾高ハンドボール部のさらなる発展を祈念するものである。
K01-005
50周年記念祝賀会

1952年(昭和27年)夏合宿

G27-009
1951年(昭和26年)から1952年(昭和27年)にかけて、合宿は館山 浜田屋で行われることが多かった。宿舎の方とも親しくなり、大変お世話になったという。
前列右から 村上、稲森(主将)、竹田
後列右から 境、朝芝、村田、清水(晃)、大久保、中川(勇)、岡田、中沢、宇津木、清水(一)、西沢、泉谷

東京6大学リーグ

G27-010
1954年(昭和29年)東京6大学リーグを結成し、関東学連とは別にリーグ戦を行った。1958年(昭和33年)秋に合同するまで続いた。写真はその時の出場メンバーを、駒沢球技場で撮影したもの。

第4回慶早定期戦

G27-011
慶早定期戦は、戦前1939年~1942年にかけてと、戦後1947年~1948年にかけて行われたが、その後中断をしていた。1953年(昭和28年)に神宮競技場で復活開催し、暫くの間復活第○回と呼ばれていた。第4回大会は、後楽園競輪場に場所を移し行われた。13対11で本塾が勝利し、対戦成績を3勝1敗とした。写真は、試合終了後OB・現役で記念撮影したものである。病に倒れた木下久治郎君の遺影を部員が持っている。その年活躍した新人に贈られる新人賞が木下杯と名付けられているのは彼に由来する。

創部20周年記念祝賀会

G27-012
1957年11月27日、日吉において創部20周年記念祝賀会を他大学、塾体育会より来賓を迎え挙行した。あいにくの天候により、予定していた記念試合は実施できなかったが、日吉「二幸」食堂において記念祝賀会を開催した。前列右より、西、荒川(日体大)、照井体育会主事、山本部長、外山

第6回慶早定期戦

G27-013
慶早定期戦は戦中・戦後の中断をはさんで、1953年(昭和28年)に復活第1回が開催された。1958年から国立競技場でナイターとして行われるようになり、秋のシーズンの幕開けの試合として定着していくこととなる。試合は10対7で本塾が勝利し、第2回大会以降5連勝を飾った。

第2回全日本学生選手権

G27-014
全日本学生選手権は、前年の1958年(昭和33年)から開始されたが、本塾は第2回大会より参加をした。第2回大会は、7月1日から5日まで西宮で開催された。

第1回慶早明室内定期戦

G27-015
この頃、ハンドボールは11人制で屋外のスポーツであったが、7人制が冬期のシーズンオフを利用して室内で行われ始めていた。慶-早-明は室内7人制の定期戦をこの年から開始した。

日吉~大阪梅田間歩行訓練

G27-016
1963年(昭和38年)春の関東学生リーグ戦で2部に転落した塾ハンドボール部は精神鍛錬を目的とし、日吉から大阪までの徒歩による踏破を計画し、7月の中旬から下旬にかけて実施した。全員丸坊主となり歩いたので、沿道の人は奇異に感じたこともあったようである。
各地の三田会のお世話になり、試合を行いながら、走りかつ歩いて行った。7月30日の朝日放送夕方のニュースで流されたと記憶している。
写真は、ゴールの大阪中之島のABCホール前で当時の3年生以下の一部を撮影したものである。

第5回慶早明室内定期戦

G27-017
慶早明室内定期戦は1961年(昭和36年)より始まったが、第5回大会において塾は早明を破り初優勝をした。

部長歓送迎会

G27-018
ハンドボール部は創立以来、松本良三先生、山本 登先生、中村菊男先生と素晴らしい部長先生に恵まれてきた。この年新たに清水潤三文学部教授を部長としてお迎えした。
清水先生にはこの後長くご指導を願うこととなるが、「リーグ戦の優勝を」と常々言っておられたことが記憶に残っている。先生に優勝の美酒を味わっていただけなかったのが、心残りである。

1972年 三田ハンドボール倶楽部総会

G27-019
1972年(昭和47年)の総会は、創立35年であり、西元会長が元気になられたのをお祝いして、恒例の伊東園ホテルにおいて開催された。清水部長先生、西会長ご夫妻をお迎えし行われた。前から二列目中央に西ご夫妻、その左隣に清水先生が居られる。

第23回慶早定期戦

G27-020
塾は第14回大会に勝利してから、引き分けを挟んで7連敗中であった。この大会は、勝利を収めることは出来なかったが、好試合の結果、19対19の引き分けとなった。
対戦成績は本塾の7勝14敗2分となった。

40周年記念祝賀会

PPTVIEW
G27-021-2
1977年(昭和52年)11月22日に部創立40周年記念祝賀会を日吉において開催した。歴代部長、早稲田・明治・京都等関係大学を招待して執り行った。
高校グランドにおける京都大学との11人制の試合、歴代部長をはじめとする功労者への感謝状の贈呈等各種催事を行い、また40年記念誌を発行した。

慶應義塾体育会優秀選手塾長招待会

G27-022
慶早定期戦に15対14で勝利し、塾長招待会出席の栄に浴した。
この年は、定期戦全勝、関東リーグ春秋共1部5位、インカレ3位、全日本総合出場と好成績を収めている。

関東学生秋季リーグ戦優勝祝賀会

PPTVIEW
1985年(昭和60年)関東学生秋季リーグ戦において塾ハンドボール部は1943年(昭和18年)以来42年ぶりに優勝をした。戦績:6勝1敗
これを祝して帝国ホテルにおいて優勝祝賀会を開催した。この年は、関東リーグ春3位、秋優勝、早慶戦、対京都大学、対甲南大学各定期戦に勝利するという輝かしい戦績を残した。
最前列左から4人目が川上監督、最後列左から5人目が平林主将。

1985年 慶應連合三田会

G27-024
1985年(昭和60年)関東学生秋季リーグ戦で優勝をした塾ハンドボール部は、慶應連合三田会において、その年優秀な成績をあげた各部と共に日吉記念館の壇上に招かれ、多くの塾員に祝福されるという栄誉に浴した。挨拶をするのは、川上憲太(1970年卒)監督。

第33回早慶定期戦

PPTVIEW
この年の早慶戦は、横浜文化体育館で開催された。試合は28-22で本塾が制し、対戦成績を14勝17敗2分とした。
写真は、開会式における本塾出場選手、平林主将のぺナルティースロー、高岡副将のシュート、塾長招待会である。

創部50周年記念祝賀会

G27-026
1937年の創部以来半世紀を経過し、50周年記念祝賀会を帝国ホテルにおいて開催した。早・明・京大をはじめとする関係大学、塾関係者・塾高生を含む現役選手およびOBと数多くの関係者が参集し、盛大に挙行した。周年事業は、20周年、40周年に続いて行われ、記念誌も40周年に引き続き発行した。

創部60周年記念祝賀会

G27-027
創部60周年記念祝賀会を開催した。
周年事業は、20周年、40周年、50周年に続いて行われ、記念誌も引き続き発行した。
60周年にあたり、三田ハンドボール倶楽部より部室を寄付した。

発足当時の女子部員

G27-028
2000年(平成12年)8月頃より、当時の1年生寺田(2002年~3年主将)が中心となり、女子ハンドボール部設立の活動を始めた。参加したメンバーを部結成まで持っていくため、士気を継続させ続けることに苦心し、メンバーが8名そろった2002年3月1日に三田ハンドボール倶楽部の承認に基づき体育会に加盟申請を行い、4月1日に慶應義塾体育会ハンドボール部女子部として正式に発足した。
発足当時の部員は、4年生2名(宮永、志和木)、3年生5名(寺田、和佐野、橋本、平野、坂野)、1名(堂故)の8名であった。主将は寺田、主務は和佐野である。

第1回女子慶早定期戦

PPTVIEW
本塾女子ハンドボール部創立の翌々年早稲田大学においても女子ハンドボール部が誕生し、2004年8月28日男子第51回、女子第1回早慶定期戦を早稲田記念会堂において開催した。
試合は19-10にて本塾が記念すべき大会を制した。

慶應義塾体育会優秀選手塾長招待会

G27-030
2004年春に正式発足した体育会ハンドボール部女子部は、創部3年目を迎え、この年創立された早稲田大学女子ハンドボール部と記念すべき第1回早慶定期戦を開催し、19-10と勝利した。この勝利により、塾長招待会に招かれ出席した。